• 仮想サーバー、ファイルメーカーでクラウド化

    • ビジネスでパソコンやタブレットを使って仕事をすることが増えています。

      取り扱う情報量が増えた現代では、パソコンなどの高度な電子機器を利用して管理するのが主流となっています。
      顧客名簿や商品名簿、従業員名簿などはファイルメーカーを使って管理される時代です。
      最近では情報活用の効率化を考えて、ファイルメーカーの利用とクラウド化を検討する会社が増えています。
      データの保存場所を仮想サーバー上にすることでクラウド化できます。

      素敵なファイルメーカー情報探しのサポートをいたします。

      仮想サーバー上に置かれたデータは、複数のユーザーが同時にアクセスしてデータを閲覧したり引き出したりできます。
      データの保存先はパソコンやタブレットの端末、USBメモリーやSDカードなどの外部メモリが一般的です。
      これだと複数のユーザーでデータを共有する場合、複製したり転送したりといった手間が掛かり、無駄に取り扱う容量が増えてしまうことが考えられます。



      クラウド化することで、これらの問題は簡単に解決できます。


      ファイルメーカーをクラウド化すれば、複数のユーザーでデータの追加や削除、更新などが行なえます。
      これによって自宅や出張先での作業、外部との協力などが可能となります。


      仕事の仕方に幅が広がるのもクラウド化の魅力です。ファイルメーカーはデータの取り扱いについて権限を加えることができます。

      閲覧だけ許可したり、削除だけ出来ないようにしたりといったことができます。



      外部の人と協力する際はこうした権限を利用すると良いでしょう。

  • ITの話

    • ファイルメーカーの上手な使い方

      仕事でExcelソフトを活用している会社は多く存在します。Excelは無数に配置されたセルに、文字や数値などの情報を入力したり、関数を使って計算結果を表示したりできます。...

  • ITの身になる知識

  • ITの知っておきたい情報・ITの最新情報