ファイルメーカーのクラウド利用、EC2仮想サーバー - 仮想サーバー、ファイルメーカーでクラウド化
  • ファイルメーカーのクラウド利用、EC2仮想サーバー

    大量の情報を取り扱う会社などでは、ファイルメーカーと呼ばれるソフトが活躍します。
    このソフトでは情報をカード型のデータとして扱うことができます。


    例えば、顧客情報を全てまとめて1つのデータとして作成できます。

    顧客名、電話番号、住所、といった情報をまとめて1つにすることでデータが見やすくなり、後で編集したり追加や削除したりする時に楽になります。ファイルメーカーで作成したカード型のデータは種類ごとにフォルダに分けて管理することができます。
    イメージしやすいもので例えるなら、バインダーに書類を挟んで管理するようなものです。

    閲覧しやすく、データを並び替えるのも簡単です。

    ファイルメーカーは複数の人と情報を共有して利用できるクラウド化が可能です。

    ファイルメーカーのEC2に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

    クラウド化はデータの保存先を仮想サーバー上にすることで、複数の人が同時にデータを閲覧したり引き出したりできるようになります。

    サーバーにアクセス出来れば良いので、遠方の出張先や自宅からでもデータを引き出して作業することができます。



    仮想サーバーを利用するならEC2サーバーを利用するのが良いでしょう。EC2サーバーは使用時間によって料金が変動する従量課金制のサーバーです。

    一般的なサーバーは月額課金制で使い放題ですが、試しに導入したり使用時間が短い場合は従量課金制の方がお得です。


    EC2サーバーは利用申込をしてから、利用開始までが早いというのも特徴です。
    ファイルメーカーを賢く利用するなら覚えておくと良いでしょう。