ファイルメーカーの上手な使い方 - 仮想サーバー、ファイルメーカーでクラウド化
  • ファイルメーカーの上手な使い方

    仕事でExcelソフトを活用している会社は多く存在します。


    Excelは無数に配置されたセルに、文字や数値などの情報を入力したり、関数を使って計算結果を表示したりできます。


    主に給料計算や原価計算といった業務に向いているソフトです。

    ファイルメーカーに出会えて満足です。

    このExcelを顧客名簿などのデータベースとして使うこともできますが、その場合はファイルメーカーと呼ばれるソフトを利用した方が管理が楽になります。ファイルメーカーは1つのデータをカード形式で作成することができます。作成したデータは一纏めにして管理できます。



    ファイルメーカーの分かりやすいイメージは、バインダーに書類をまとめて閉じておく行為を想像すると良いでしょう。

    実際のバインダーとは異なり、データを取り扱うソフトなので様々な活用方法があります。

    例えば、データ毎に分類すれば閲覧するのも手軽ですし、データの追加や削除、並び替えなども自由にできます。


    Excelを顧客名簿に使う場合、1枚のシートに大量の顧客情報を入力するか、シート1枚毎に1人の顧客名を入力するといった使い方があります。前者は顧客が増えると閲覧するのが大変ですし、顧客1人辺りのデータを軽視していると言えます。

    後者であればシート数が増えて管理が大変になることが考えられます。その点ファイルメーカーは閲覧も管理も手軽に行えます。

    ファイルメーカーは大量の商品を取り扱う販売業や顧客情報を扱う会社で利用することが考えられます。

    使い方を覚えて、業種や作業内容でExcelと使い分けると良いでしょう。